相続手続きの依頼先は司法書士

相続

相続手続きを考えている方は、どこかに依頼することを考えているかもしれません。
依頼する場合は、高度な知識を持った専門家にすることをおすすめします。
高度な知識を持つ専門家というのは、例えば司法書士や行政書士、税理士、弁護士などがいます。
これらの専門家と呼ばれる方たちは、相続手続きに関しても対応してくれます。
特に必要となる書類の取得などに関しては、司法書士の利用がおすすめです。
司法書士であれば、必要となる書類などの作成はもちろん、専門家でなければ取得できない書類に関してもしっかりと用意してくれます。
相続手続きの際、いきなり一般の方が「必要な書類があるから提出して」と言われたところで、やはりパニックになってしまう方が大半だと言えます。
正直、何を用意して何をどのように手続きして、申請を行えば良いのかもわかっていない方がほとんどなのではないでしょうか。
そういう時、とても頼りになるのが司法書士です。

ただ、司法書士にできることにも限界があり、場合によっては他の行政書士や弁護士、税理士の力が必要となってくることもあります。
例えば、書類の作成などはもちろんですが、相続の場合は遺産分割協議なども必要です。
それらの話し合いに介入できるのは、やはりトラブルや問題にも慣れている弁護士やそのほかの専門家だと言えるでしょう。
また、税金の申告と納税に関しても、相続手続きでは必要となってきます。
これらに関しては、税金の計算はもちろん、節税まで考えてくれるのが税理士となります。
このように、日本には色々な専門家が多く存在しているので、そちらを上手に使っていくことが、相続手続きをスムーズに終えるための手段となるでしょう。
もちろん、司法書士も役立ちますし、その他の専門家も心強い味方になってくれます。
まずは、相談だけなら無料というところが多いので、相談してみてはいかがでしょうか。

ただ、相続手続きには期限もあるため、相談を考えている方は早めに行っていた方が良いかもしれません。
特に相続などは期限が3か月や4か月のものもあるので、そこは注意が必要です。
その他の場合でも、やはり早めに行動しておくことが鍵となるでしょう。
特に現代人は忙しいという方も多いので、ちゃんと考えて対処していくことが必要です。
わからないという場合は、専門家に任せてしまっても良いかもしれません。
この手の手続きや申請に慣れている専門家であれば、安心して相談することができますからね。

いざというときに知りたい 相続手続きの流れ

相続01

「相続は関係がない」とおもっていても、いつかは誰でも必ず経験することです。後になって知らなかったでは言い訳にならず、大慌てで準備する羽目になります。
そこで、いざという時のためにも相続手続きの流れについて取り上げます。

相続の手続きには、期限があります。期限は法律で決められているので、絶対に守らなければいけません。万が一にも期限過ぎとなると、嫌なペナルティが待ち受けているからです。でも見方を換えれば期限を守ることができるのなら、手続きを始めるのはいつでも構わないことになります。
愛する人を失ってしまった悲しみにいる中で、「相続の手続きを早くしろ」と急かすのはあまりにも酷な話です。悲しみから癒えないまま相続手続きをすると、精神的に辛いだけです。

相続をするかどうかを決めるまでの期限は、3ヶ月あります。3ヶ月までに、財産を相続するかどうかを決めます。3ヶ月に制定されている理由は、財産と相続人を把握するのに必要とされる時間だからです。ただ3ヶ月の期限が過ぎてしまうと、半強制的に相続するとみなされて手続きが進められます。でも家庭裁判所へ申立てを行うと、相続するかどうかを決める期限を伸長することが可能です。ただし家庭裁判所へ申立をしたからとは言え、必ず認めてくれるとは限りません。相続財産の把握が難しい場合、相続人の所在地がハッキリしない場合など、仕方がない事情がある場合だけ認められます。
そして一度決めた相続は、二度と撤回はできません。もし撤回を認めてしまうと、法律的に不平等が起きてしまうからです。だからこそ3ヶ月の間にしっかりと考えて、財産を相続するのかどうかを決めて下さい。

相続をするかどうかが決まれば、手続きの開始となります。相続手続きは基本的に遺言書を元に進められますが、必ずのこされているとは限りません。病気ではなく不慮の事故で亡くなられた場合、遺言書がのこっている可能性は限りなくゼロに近いことです。遺言書がのこされていなければ、相続人同士で話し合って相続財産を分与します。
相続財産を誰が相続するのかがまとまれば協議書を作成し、相続税の計算へと移ります。相続税は基礎控除額内に収まっているのなら申告の必要はありませんが、基礎控除額より多ければ申告手続きが必要です。

相続の手続きの流れを大まかに取り上げましたが、実際はもっと複雑なものです。
独断で動いてしまうと、取り返しのつかないことになるので要注意です。

いざというときに知りたい相続手続きの流れ

相続

相続の手続きを進めるのに、「遅い」という言葉はありません。
大抵は相続が発生した時に手続きを進めるものですが、相続が発生してから動けば後でバタバタするのがオチです。

そこで、いざという時のためにも今の内に進めたい相続手続きの流れについて取り上げます。

まず手を付けておきたいのが、財産目録の作成です。
財産目録は、何処に何の財産があるのかがひと目で分かる書類です。
相続の手続きに特別必要になる書類ではありませんが、トラブルを防ぐ抑止力になります。

相続トラブルで最も多いのが、財産にまつわることです。
そして財産トラブルを引き起こす原因となっているのが、財産が把握できていないことです。
財産が分からなければ、誰がどの財産を相続したいのかわかりません。
また遺産分割協議の際、「隠し財産があるかもしれない」「自分の取り分は少ない」と疑いが芽生えてくる恐れもあります。
一度出てしまった疑いは、裁判でしか晴らすことはできません。
だからこそ予め財産目録を作成し、相続財産を把握しなければならないのです。

次に相続人の調査です。
「うちは親戚が少ないから相続人はそんなにいない」とおもわれるかもしれませんが、相続開始時に新たな相続人が出てきたケースは珍しくありません。
新たな相続人が出たことでトラブルになり、裁判沙汰になったケースもあります。
相続人の調査は相続が発生した後でもできますが、どうしても時間はかかります。

そこで相続が発生する前に、誰が相続人になるのかをしっかり調査しておきましょう。
調査した結果をリストにまとめておけば、いざという時も迅速に対処することができます。
相続人をより正確に把握するには、行政書士に頼むのが1番です。

そして忘れてはならないのが、節税対策です。
実は相続税の支払いが予想外に大きくなり、生活が圧迫されている「相続貧乏」が問題になっています。
相続税の支払いのために、せっかく受け継いだ財産を泣く泣く手放している方も少なくありません。

でも相続税対策は、相続が発生する前に行うことでかなり軽減することができます。
生きている内に財産を親族に渡す生前贈与を行うなどをすれば、相続貧乏を避けることができます。

「相続の準備」と聞くと、「まだ早い」とおもわれるかもしれません。
でも冒頭にも述べましたが、相続の準備に「遅い」という言葉は存在していないのです。

「いざという時」が来るのは、明日かもしれません。
だからこそ今の内に準備しておき、「いざという時」のために備えておきましょう。

相続相談の流れ

相続の手続は、1人でやろうと思えばできなくありません。
しかし中にはかなり難しい手続も含まれているので、1人で何もかもというのは些か厳しいものがあります。
そこで頼りになるのが、司法書士などの専門家です。
専門家に相談すれば、面倒な相続もスムーズに進むでしょう。
ではどういう形で専門家に相談すれば良いのか、大まかな流れについて取り上げます。
Continue reading “相続相談の流れ”

銀行口座の手続の流れ

被相続人が銀行や郵便などに口座を持っていなかったら、特に手続の必要はありません。
しかし口座を持っていない人の方が今は珍しく、ほとんどの方は口座の手続が必要になります。
ではどういう形で口座の手続をすれば良いのか、銀行の口座を相続した時の流れについて取り上げます。
Continue reading “銀行口座の手続の流れ”

相続した建物はどうなるの?

被相続人が所有していた建物も、相続することができます。
大まかな流れとしては、相続人同士で話し合いをして建物をどうするか決まれば、法務局へ赴き相続登記を済ませて完了です。
では相続登記が済めば、被相続人が所有していた建物はどうなるのでしょうか。
建物がどうなるかは、相続した本人次第です。
Continue reading “相続した建物はどうなるの?”