死亡から葬儀までの流れ

大切な人が死亡したと分かれば、相続が開始されます。
相続はそんなに多く経験するものではないので、何をどうすれば良いのか分からない方も多いでしょう。
そこで長い闘病生活の末に被相続人が死亡した場合、葬儀までの大まかな流れについて取り上げます。

まずは医師による、ご臨終や死亡の告知です。
そして被相続人との最期のお別れのために、末期の水を行います。
なお宗教によっては、末期の水を行わないこともあります。
そしてご遺体を綺麗に整えて、搬送の手続をします。
搬送する車が到着するまでの間、死亡診断書を必ず受け取って下さい。
死亡診断書がなければ、火葬や埋葬の許可は出ません。
また7日以内に役所に死亡届を提出することになりますが、死亡届を提出する際にも死亡診断書はどうしても必要になります。

死亡診断書を受け取ったら、近親者に連絡します。
この時近くに住んでいる人がいれば、足を運んでもらうようお願いしておきましょう。
次に檀家になっている寺に連絡し、搬送先と到着予定時間も伝えます。
死亡診断書受け取り・近親者や檀家になっている寺の連絡が終われば、病院を出発し遺体を安置場まで搬送します。

遺体の搬送が終わり枕飾りが終われば、葬儀の打ち合わせと準備に取り掛かります。
打ち合わせ内容としては喪主や世話役の決定、葬式の形式・斎場・火葬場も決めておきます。
葬儀に必要な費用の見積もりや現金も、しっかりと打ち合わせをしておきましょう。
ただし気をつけたいのは、葬儀費用を故人の資産で行う場合です。
死亡届が役所で受理をされると、資産が凍結されてしまい葬儀費用として使うことはできなくなります。

そして葬儀が終わり一段落ついたら、いよいよ相続の手続開始です。
相続手続の種類によっては、期限が決められているものもあります。
期限は法律で厳密に決められているので、絶対に破ることはできません。
何をどう取り組めば良いのか、もし不安に感じているのならば専門家まで相談するようにして下さい。