相続相談の流れ

相続の手続は、1人でやろうと思えばできなくありません。
しかし中にはかなり難しい手続も含まれているので、1人で何もかもというのは些か厳しいものがあります。
そこで頼りになるのが、司法書士などの専門家です。
専門家に相談すれば、面倒な相続もスムーズに進むでしょう。
ではどういう形で専門家に相談すれば良いのか、大まかな流れについて取り上げます。

こればかりは専門家にもよるので一概には言えませんが、ほとんどは何処も似たような形になるかと思います。
まずは専門家に連絡をし、相談日と時間を取り付けます。
そして期日が来れば専門家の元へ訪れて、相談へと入ります。
無料で相談を受け付けてくれる所もありますが、場合によっては有料になる場合もあります。
料金については、必ず事前に問い合わせるようにして下さい。

そして専門家に相談する時は、何について相談するかをハッキリさせておきましょう。
「相続について何も分からないから、取り敢えず専門家まで」となると、専門家側もどう対応して良いのか分かりません。
また専門家は相続に関してプロ中のプロです。
ご自身で勉強している方もいらっしゃるかもしれませんが、しっかり話を聞くようにして下さい。

相談した上で専門家に一任するのならば、いよいよ契約です。
ただし無料相談をした結果、「合わない」と判断すれば無理に契約する必要はありません。
相続は非常にデリケートで、難しい問題です。
相手が相続に関してプロ中のプロであっても、合わない人に任せると取り返しのつかないことになります。
何をもって合う合わないを判断するかについては、こればかりはご自身で判断して頂くしかありません。
もちろん料金体系についても、しっかり説明できる所に任せるようにしましょう。
料金が曖昧な所になると、後でとんでもない金額を請求される恐れがあります。

相続の手続に関する相談は、必ず信頼のおける専門家に頼むようにして下さい。
相続の手続がスムーズに進むかどうかは、専門家と相続人との信頼関係があるからこそです。