銀行口座の手続の流れ

被相続人が銀行や郵便などに口座を持っていなかったら、特に手続の必要はありません。
しかし口座を持っていない人の方が今は珍しく、ほとんどの方は口座の手続が必要になります。
ではどういう形で口座の手続をすれば良いのか、銀行の口座を相続した時の流れについて取り上げます。

被相続人が死亡したと銀行側が把握すると、口座は凍結されます。
ただし役所に死亡届を提出したからとは言え、その場で凍結されることはありません。
口座が凍結されるのは、相続人が銀行に預金者死亡の旨を伝えてからです。
銀行に被相続人が死亡したと伝えたら、書類を準備します。
遺言書がある場合は遺言書・被相続人の戸籍謄本・相続人の印鑑証明などが必要です。
遺言書がないのなら、遺産分割協議書・被相続人の除籍謄本・相続人全員の戸籍謄本などが必要です。
ただし金融機関によっては、他書類の提出も求められる場合があります。
何の書類が必要になるかについては、銀行まで直接問い合わせた方が確実でしょう。
書類が揃えば、銀行に提出します。
提出が終われば、払い戻しなどの手続が行われます。

しかし銀行の口座の手続は、正直な所かなり面倒ではあります。
しかも期限も特に設けられていないので、そのまま放置しても問題はありません。
でも放置したままにしてしまうと、銀行に預けているお金は銀行のものになります。
被相続人が築き上げた財産を守るためにも、口座の相続手続は必ず済ませておきましょう。
また銀行の相続手続を行う前には、公共料金などの引き落としに使われていたかどうかもチェックしておきましょう。
銀行に連絡して口座を凍結すると、引き落としができなくなります。

銀行口座の手続は、相続人本人が手がけることも可能です。
ただ銀行は平日しか営業していないので、仕事を持っている人ならば難しいものがあります。
もし少しでも難しいと感じたのならば、専門家に任せるのも手です。
委任状があれば代理で手続をすすめてくれることもあるので、検討だけでもしてみてはいかがでしょうか。