相続登記の流れ

相続した不動産を名義変更するには、法務局へ趣き登記の手続を行う必要があります。
これを相続登記と言います。
では相続登記はどう行えば良いのか、大まかな流れについて取り上げます。

まずは相続する不動産の調査です。
不動産を相続するにしても、何処にどんな不動産があるのかが分からなければ話にはなりません。
現に、後になって不動産が別に見つかったという話はよく聞きます。
不動産の調査は、相続登記を行う上で最も重要な作業と言っても過言ではありません。
ではどうやって、不動産の調査を行えば良いのでしょうか。
大きなヒントになるのが、登記事項証明書です。

登記事項証明書とは、不動産の地番・地積・所有者などが書かれている書類です。
一昔前は紙の書類でしたが、今は全てデーター化されています。
登記事項証明書は、データーを探し出してプリントアウトして手にします。
不動産の情報がデーター化されたことにより、どこに不動産があっても簡単に取り寄せられるようになりました。

不動産の調査が済めば、登記に必要な書類を集めます。
必要となる書類は、被相続人の戸籍謄本と住民票の除票です。
被相続人の戸籍謄本は、相続人が何処の誰であるかをハッキリさせる為に用いられます。
住民票の除票は、被相続人の住所や本籍地を特定するために用いられます。
また相続人全員の戸籍謄本や、遺産分割協議書、不動産を相続する人の住民票も必要となります。

必要書類が揃ったら、法務局へ申請します。
申請する法務局は、名義変更する不動産の所在地を管轄している法務局です。
法務局なら、何処でも良いという訳ではないのです。

相続登記は特に期限が決められておらず、自身でやろうと思えばできる手続です。
ハウツー本も出ているので、勉強しておけば大丈夫でしょう。
しかし書類を揃えるのは大変難しく、場合によっては会社を休まなければならないこともあります。
もし難しいと感じたのならば、司法書士などの専門家に頼ることをおすすめします。