葬儀費用は相続財産から捻出できるの?

相続をどうするかを考えるのも、確かに大事です。
しかし相続よりも最初に優先的に考えるべきは、葬儀です。
葬儀を執り行うには費用がかかりますが、実は相続した財産から差し引けることをご存知でしたでしょうか。

葬儀費用の相場は、200万円前後と言われています。
もちろん地域や参列者数・葬儀規模によって、大きく変わります。
大規模な葬儀となると200万円どころか桁が1つ2つ増えますが、小規模な葬儀であればそこまで費用はかかりません。
葬儀費用を安く抑えようと思ったらかなり抑えられるので、大丈夫です。

しかし葬儀費用があまりかからないとは言え、負担になるのは事実です。
ただ葬儀費用を誰が支払わなければならないという法律は現時点で存在しておらず、ルールは特に決まっていません。
一般的には喪主や故人の配偶者が負担するケースが多いものの、今は不平等だという声もあります。
ただし原則的に誰が支払うかは、喪主の判断に委ねられます。
でも誰が葬儀費用を負担することになったとしても、どういう形で負担しなければならないというルールはありません。
つまりは、大切な人がのこした財産を葬儀費用にあてても何の問題ないということです。
葬儀費用を相続財産から支払うと、支払った分が相続財産から差し引かれます。
すると相続税も幾分か安くなるので、相続税対策にもなります。

ただし葬儀全てを相続財産で賄うことは、実質不可能です。
葬儀の費用として財産から差し引くことができるものは、運搬費用・回送費用・葬儀費用・火葬費用・読経料などです。
逆に葬儀費用として相続財産から差し引けないものは、香典返し費用・法事費用・墓地費用です。

人によっては大切な人がのこしてくれた財産を葬儀費用にあてるのは、許されないと考えている方もいらっしゃいます。
相続した財産を葬儀費用にあてることに対して良い気分がしないのは、当然のことです。
無理をしない範囲内で相続人が負担し、どうしても難しいのならば相続財産から捻出するのがベストかと思います。