相続手続き準備の流れ

葬式が無事に済み落ち着きを取り戻したら、いよいよ相続の手続に取り掛かります。
初めての相続となると、色々と戸惑うこともあるでしょう。
でも1つ1つ着実に行えば、何の問題もありません。
葬式が終わった後の、相続の手続準備の流れについて取り上げます。

まずは、遺言書の確認から入ります。
相続した財産をどうするかは、基本的に遺言書に全て従うのが大鉄則です。
被相続人から生前に話を聞いていたのならば、遺言書を確認するのに手間はかかりません。
でも話を聞いていなかったとしても、遺言書は必ず探すようにして下さい。
住んでいた家・入院していた病院・利用していた施設など、思いつく所から徹底的に探し出します。
また役場や銀行にも、遺言書がないかどうかを確認しましょう。
公証書遺言でのこしている場合は、役所に保管されているはずです。
また人によっては、銀行の貸金庫に遺言書を保管していることも考えられます。
ただし貸金庫は、被相続人でしか開くことはできません。
相続人が貸金庫を開けるには、相続人全員の同意が必要になります。

ただ何をどうしても遺言書が見つからない場合は、相続人同士で話し合いを行います。
相続財産をどう分配するのか相続人全員で話し合いを行い、納得すればいよいよ手続へと移ります。
相続人同士での話し合いを行う際、全員同じ場所に集まる必要はありません。
全員顔を合わせて話し合うのが1番ですが、電話やメールでのやり取りでも可能です。
ただ話し合いでも解決できなかった場合は、裁判での話し合いになります。

話し合いに決着がつけば、いよいよ手続の開始です。
何をどのようにして手続をするかは、どういう財産を受け継いだかによって大きく変わります。
ただ手続の中には、期限が設けられているものもあるので要注意です。
必ず期限に間に合うように、手続を済ませるようにして下さい。
そして万が一期限までに間に合いそうにないのならば、専門家まで相談するようにしましょう。